1. ホーム
  2. 乾癬とはどんな病気か
  3. 乾癬治療の方針

乾癬治療の方針

乾癬は慢性的な病気であり、一度発症してしまうと、
適切な治療をしないかぎり、その先長くまで引きずってしまいます。
ただ、病院へ行っても確実な治療をしてくれるわけではなく、
炎症を抑える薬が処方されるだけというケースがほとんどです。

乾癬を確実に治すには、今後どのように症状と向き合っていったらよいか、
その治療方針をここに述べることにします。

薬物治療に頼らない

乾癬で皮膚科を受診したとき、まず確実に処方されるのがステロイド軟膏でしょう。
その他の薬も、すべて表面に出ている症状に対処するためのものです。
このような治療を対症療法と言い、根本的な治療を後回しにして、
とりあえず今の辛い症状を何とかすることが目的となっています。

しかし、これでは乾癬はいつまで経っても治りません。

当サイトでは、薬物療法についても詳しく説明していますが、
最終目標はあくまでも根本的な完治であり、それまでに症状が耐え難い場合は、
一時的な対症療法を使う選択肢もあるという位置づけです。

乾癬を確実に治したいのであれば、
薬物治療にいつまでも頼っていたのではいけません。

薬物療法を長期間続けていると、
やがて乾癬よりもひどい症状を起こすようになります。
詳しくは薬物療法の落とし穴を参照して下さい。

早急な改善を目指さない

乾癬は見た目には非常に辛い症状です。
肌が目に見えて炎症を起こしている様子を見ると、
今すぐに治したいという気持ちが起こるのも無理はないと思います。

ただ、乾癬はすぐに治る病気ではありません。
長期間をかけて体の調子を改善していき、
体内から健康にならないと、根本的な治療は望めないのです。

早急な改善を求める余り、ステロイド剤のような薬に飛びつくようなことは、
絶対に避けましょう。
そのような薬は、一時的に見た目の症状やかゆみを改善するに過ぎません。
効き目が切れれば、また元の症状が表れてくるのです。
その繰り返しでは、症状はどんどん悪化していくだけです。

生活習慣を見直し、免疫力・自然治癒力を高める

原因の分からない病気にかかったときの基本方針は、
自分自身の免疫力・自然治癒力を高めること、
この1点に尽きると言えます。

病気は医学でないと治せないと思っている人がいますが、
それは大変な誤解です。
むしろ、医学ばかりに頼っていると、体が薬漬けになり、
また手術のように荒っぽい治療に頼りっきりになって、
体はどんどん衰弱してしまいます。

そして、何より現代医学の欠点は、
乾癬のような原因不明の病気にはお手上げということです。

だからこそ、自分の体で治す姿勢が重要になってくるのです。

原因が分からない、医学でも治せないというのならば、
自分の体の悪いところをすべて改善するしかありません。

バランスの取れた食生活を続け、睡眠時間を十分に取り、
健全な生活を送っている人は、病気になることはまずあり得ません。
そういう人には、高い免疫力・自然治癒力が備わっているからです。
病気になるということは、自分自身の日常に必ず原因があるのです。

乾癬のように、命には関わらないけれど慢性的で治りにくい病気にかかったときは、
絶好のチャンスです。
これをきっかけに、生活習慣などで問題のあるところを手当たりしだい改善し、
体の芯から健康になりましょう。