1. ホーム
  2. 乾癬とはどんな病気か
  3. 乾癬についてよくある疑問

乾癬についてよくある疑問

突然皮膚に異様な発疹が起こったら、誰しも不安になるのは当然です。
特に、乾癬は病気の進行が目に見えて分かる病気ですので、
症状が広がっていくのを見ると、焦る気持ちが出てくると思います。
病気についての知識がないと、非常に不安な気持ちになりやすいでしょう。
そこで、ここでは乾癬でよくある疑問点についてまとめてみました。

症状に関する疑問点

乾癬は人に移るのか
乾癬は「感染」とまったく同じ発音のため、感染するように思われることもあります。
しかし、乾癬は人に移ることはありません。
ウイルスや細菌によって起こる病気ではないからです。
たとえ乾癬患者の剥がれ落ちた皮膚を吸い込んだとしても、
絶対に移ることはありませんので、自他ともに正しく理解することが大切です。
乾癬は全身に広がるか
多くの場合、特定の部位に起こります。
全身まで広がるケースは少数です。
頭皮に乾癬が起こったら髪の毛は抜けるか
乾癬が抜け毛の原因になることはありません。

治療に関する疑問点

乾癬とは一生の付き合いになるのか
不治の病ではないため、適切な治療方針をとれば治ります。
しかし、すでに10年も20年も乾癬を患っている人が多いのも事実です。
それらの人の多くは、ステロイド剤を中心とした薬物療法 (対症療法) を続けているという特徴があります。
原因が分からないから症状に対処するしかない。
薬の効き目がなくなってきたら、さらに強い薬を――
このようなことを繰り返していたのでは、乾癬は一向に改善されず、
体の免疫力もどんどん弱くなって、一生の付き合いになってしまいます。
日光浴は乾癬治療に有効か
PUVAと呼ばれる光線療法もあり、日光は乾癬の治療にも良い影響を与えます。
ただし、夏の日差しが強い日は、大量の紫外線によって皮膚を痛めてしまうことがあるので、適度な日光浴が大切です。
食事制限は必要か
ダイエットではないので、特に食事制限が必要なわけではありません。
ただし、肌によくない食生活を続けているような場合は、
ビタミンなどを多く含んだ食生活に改善することが推奨されます。

今後の方針に関する疑問点

乾癬を放置するとどうなるのか
それ自体は皮膚だけの症状ですので、
放置したからといって、重大な病気を招いたり、命に関わるようなことはありません。
気にしなければ問題ないのか
局所的な乾癬ならば気にならない人も多いと思います。
気にして眠れなかったり引きこもったりする人がいることを考えれば、
気にならない人は健全だと言えるでしょう。
ただ、乾癬が起こったということは、
肌の新陳代謝を狂わせるような因子が体のどこかにあるということです。
生活習慣かもしれませんし、多大なストレスかもしれません。
今の生活をこのまま続けていたら、いずれはもっと重大な病気を引き起こすことを、
乾癬という小さな症状で体が警告していると考えましょう。