1. ホーム
  2. 乾癬を防ぐ日常生活
  3. 乾燥肌を防ぐ

乾燥肌を防ぐ

肌が乾燥すると、細菌やウイルス、紫外線などから肌を守れなくなり、
ダメージを受けやすくなります。
そうなれば、乾癬を発症するリスクも増大してしまいます。

乾癬を防ぐには肌を乾燥させないことが大切です。
その方法をいくつか紹介しましょう。

乾燥肌を防ぐ方法

風呂上がりのスキンケアを忘れない
最も急激に肌が乾燥するのは、お風呂から上がった直後です。
化粧水や美容液、保湿クリームを使ってスキンケアをしましょう。
お風呂から上がって5分以内にします。
メイク落としはぬるま湯を使う
メイクを落とすときは、熱いお湯を使うのではなく、
35℃くらいのぬるま湯を使いましょう。
落とし方にも注意が必要です。
ゴシゴシ擦ると肌が荒れてしまうため、優しく揉むように洗い落とすことです。
外出時はマスクをする
風を受けることによっても肌は乾燥します。
ドライヤーを毎日使っている人ならば分かると思います。
バイクや自転車等で風に当たる機械が多い人は、
マスクを着用すると、ある程度乾燥を防ぐことができます。
肌に良い食品を食べる
健康な肌を作る栄養素と言えば、コラーゲンやヒアルロン酸です。
これらはほうれい線改善にも有効な成分です。
コラーゲンは普段の食事 (フカヒレ、鮭、豚バラ肉など) から摂れますが、
ヒアルロン酸はサプリメントなどの形で摂ります。
また、βカロテンなども肌荒れを改善して、ハリを良くしてくれる効果があります。
ホウレン草やブロッコリーなどの緑黄色野菜から多く摂れます。
加湿器を使う
冬場は言うまでもなく肌が乾燥しがちです。
室内でも加湿器等を使って、適切な湿度を保ちましょう。