1. ホーム
  2. 乾癬を防ぐ日常生活
  3. 食生活の改善

食生活の改善

乾癬は明確な治療法が解明されていない皮膚疾患です。
ただ、食生活によって悪化することが分かっています。
乾癬を煩っている人は肥満の傾向が強いとも言われているため、
心当たりがあれば、食生活の改善を考えてみてはいかがでしょうか。

乾癬の場合に避けるべき食べ物

朝は食べず、昼はファーストフード、晩はステーキ、夜食にカップラーメン…
このような食生活は肥満の原因になり、乾癬もどんどん悪化させます。
可能な範囲でもよいので、栄養バランスの取れた食生活を実践しましょう。
以下、乾癬治療によくないとされる食べ物の例です。

カロリーの高いもの
代表的なのは肉類です。
欧米型の食生活は肥満になりやすいことは周知の事実。
これは乾癬にもよくありません。
肉類の代わりにホウレン草やニンジンなどの緑黄色野菜を摂りましょう。
魚には DHC や EPA などが多く含まれます。
これらには乾癬の炎症を抑える働きがあるので、野菜と一緒に摂るとよいでしょう。
刺激の強い食べ物
たとえば、辛いものや熱いものです。
かゆみを悪化させることがあります。
お酒
かゆみが増すだけでなく、薬の効果に影響が出ることがあります。
薬の効果が得られなかったり、副作用が強く出たりしては、
治療がうまくいかなくなります。
可能ならば、乾癬をきっかけにお酒をやめてみましょう。

乾癬に有効な栄養素

ビタミン類

ビタミンは美肌を作る栄養素として定番です。
あらゆる種類のビタミンを豊富に摂りたいものですが、
乾癬治療で特におすすめなのは、ビタミンCとビタミンDです。

ビタミンC
皮膚を丈夫にし、免疫力も強くする働きがあります。
さらに副腎皮質ホルモンの生成も促進させるため、
ステロイド剤を使わずとも、乾癬に対抗できる体を作ることができます。
ビタミンCは緑黄色野菜、果物などに多く含まれます。
ビタミンD
角化細胞の増殖を抑制し、角質が大量に生成されるのを防ぎます。
乾癬の症状が表れる直接の原因に作用してくれます。
紫外線との相性が良く、肌が日光を受けると生成されやすくなります。
ビタミンDは魚類に多く含まれています。