1. ホーム
  2. 乾癬とよく似ている病気
  3. 疥癬

疥癬

疥癬 (かいせん) は、ヒゼンダニが皮膚に寄生することによって起こる炎症です。
乾癬と疥癬は、読み方も見た目の症状も似ていますが、
原因や性質はまったく異なる病気です。

ダニによって起こる伝染病

疥癬はヒゼンダニというダニが原因で発症します。
つまり伝染病の一種ですので、人に移る病気です。
この点は乾癬とはまったく異なるところです。

見た目の症状は、皮膚に赤い発疹が表れ、激しいかゆみを伴います。
ここは乾癬とほとんど同じです。

乾癬と思われる症状を起こしている人を見て、
「伝染するんじゃないか」
と言う人もいますが、この疥癬であった場合はたしかに伝染する可能性があります。

非常に紛らわしく、他人への伝染性があるかないかという重大な問題もあるので、
やはり正しく診断してもらうことが最重要です。

疥癬の治療法

疥癬の場合も薬物療法が中心となっています。

疥癬の薬の種類としては、体内に取り込む内服薬、患部に塗る外用薬、
そして、少し驚かれるかもしれませんが、殺虫剤もあります。
ただし、殺虫剤は体へのダメージも大きいため、
国内では市販されていません。

具体的には下記のようなものです。

イベルメクチン
ヒゼンダニを殺す内服薬です。
非常に有効な薬で、1~2回飲むことで効果が表れますが、
吐き気、めまいなどの副作用が表れるほか、
一時的にかゆみが強くなることがあります。
クロタミトン
肌に塗るタイプの外用薬です。
1週間程度塗り続けることで、ヒゼンダニが駆除されていきます。
疥癬用だけでなく、単なる痒み止めとしても使われています。
副作用が少なく、体の弱い人や高齢者でも比較的安心して使えます。