1. ホーム
  2. 医学による乾癬の治療
  3. 漢方薬による治療

漢方薬による治療

体に優しいことで有名な漢方薬ですが、乾癬の治療でも注目を集めています。
ただし、漢方薬といっても副作用がないわけではありません。
少なくとも市販されている漢方薬は、平均的な体質に合わせて作られているため、
人によって効果や副作用の表れ方はさまざまです。

乾癬に効果がある漢方薬

十味敗毒湯 (じゅうみはいどくとう)
乾癬によるかゆみを抑える効果があります。
体内の毒素を抜き、乾癬になりにくい体質を作ります。
温清飲 (うんせいいん)
血行が良くなり体が温まります。
乾癬の治療のほか、乾燥肌も潤す効果があります。
桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)
血行やホルモンバランスを整える効果があります。
消風散(しょうふうさん)
乾癬によるかゆみを抑え、また分泌物を抑える効果があります。
皮膚がじゅくじゅくしている乾癬に効果的です。
防風通聖散 (ぼうふうつうしょうさん)
新陳代謝を改善する効果があるため、他の漢方薬と一緒に使われます。

漢方薬の正しい飲み方

漢方薬にはさまざまな種類があり、飲み方も多種多様です。
中には、噛んで服用するタイプや、日本酒に溶かして飲むものもあります。

漢方薬を処方されたときは、飲み方についての説明を確実に聞いておきましょう。
間違っても、自分でアレンジして飲んではいけません。
飲み合わせによっては逆効果になることもあるからです。

正しい飲み方で早く効果が発揮され、乾癬の症状も改善されていきます。

白湯での飲み方

漢方薬の飲み方で一般的なのが、白湯で飲むパターンです。

白湯というのは、ポットのお湯のことではありません。
蓋を外した鍋や、やかんで沸かしたお湯のことです。
蓋を外してお湯を沸かすことで、雑菌や不純物を取り除くことができるのです。

白湯で漢方を飲むことで、薬の成分が体内に吸収されやすくなります。