1. ホーム
  2. 医学による乾癬の治療
  3. 飲み薬による治療

飲み薬による治療

乾癬の治療には飲み薬も使われます。
皮膚の炎症なのに、飲み薬で治療することに疑問を感じる人も多いでしょう。
体の中から免疫を整えることで乾癬にも効果を発揮するのです。
ここでは、代表的な飲み薬の効能をまとめておきます。

飲み薬の種類

ビタミンA誘導体
表皮細胞の増殖を抑え、皮膚を修復します。
乾燥肌を改善する効果もあります。
化粧品タイプのものは、シミやシワ対策など、美容目的でも使われます。
しかし、内服薬としてのビタミンA誘導体は効果が強く、
関節痛や骨粗鬆症、脱毛などの副作用が表れることがあります。
また、胎児に悪影響を与えることがあり、妊娠中の人は服用できません。
免疫抑制薬
免疫反応を抑制する薬です。
さまざまな種類がありますが、乾癬の治療に使われているのは、
シクロスポリンやメトトレキサートです。
乾癬のような異常な免疫反応を止めてくれる一方、
必要な免疫反応を止めて感染症、肝機能障害などにかかりやすくなります。

副作用に注意!

飲むだけの薬というと、塗り薬に比べて手間が少ない利点がありますが、
副作用に十分な注意が必要です。

もちろん塗り薬にも副作用はありますが、
飲み薬は全身の免疫にも影響を与えやすいため、
皮膚だけの副作用にとどまらないことが多いのです。

使用にあたっては、医師の指示に従うことが大前提です。