1. ホーム
  2. 乾癬が起こる場所
  3. 顔に起こる乾癬

顔に起こる乾癬

乾癬はどこに起こっても辛い症状ですが、
最も厄介なのは、顔に発生するパターンではないでしょうか。
常に人から見えていて、隠しようのない部分だからです。
「顔に乾癬なんてできるのだろうか」
と思うかもしれませんが、乾癬は体のどこにでも発症する可能性があり、
顔や頭は特になりやすい部分なのです。

精神的苦痛が大きい

顔に乾癬が起きた場合、一番困るのは外出するときや人と会うときでしょう。

顔以外の部位ならば、通常は服で隠れていますし、
手に発症していても、あまり視線が集まる場所ではありません。

しかし、顔はそういうわけにはいきません。
一番人に見られる部位であり、仮面をかぶるわけにもいきません。

したがって、顔が乾癬を起こした場合、
人と接すること自体が苦痛になってしまうことがあります。
すると、下記のような生活上の弊害が出てきます。

  • 引きこもりがちになる
  • 自分に自信がなくなる
  • 接客業などの仕事が困難になる

このような精神的ストレスは、
かゆみなどの肉体的ストレスを上回るものだと思います。

人によっては、かゆみなどの症状はどうでもよくなってしまうくらい、
見た目の悪化にショックを受けてしまうかもしれません。

顔の乾癬と向き合うには

まず、乾癬は摩擦で悪化することがあるので、
患部にかかるヘアスタイルの人は注意しましょう。

見た目の問題は、気にしなければよいのですが、
そんな無責任な気休めで済むことではないでしょう。
どうしても気になる場合は、やはり完治させるしか解決方法はありません。

食生活・日常生活から改善し、皮膚の新陳代謝を正常に戻す必要があります。
精神的なストレスから焦って早急な方法を選ぶのではなく、
時間をかけてじっくりと治療していく姿勢が大切です。