1. ホーム
  2. 乾癬の種類

乾癬の種類

乾癬の約9割は尋常性乾癬と言われるもので、
紅斑 → 鱗屑 → 落屑という流れで、皮膚に異常が起こるタイプです。
当サイトでは特にことわりがないかぎり、この尋常性乾癬について解説しています。

しかし、一部には特殊性のある乾癬も存在します。
多くは尋常性乾癬にプラスして別の症状が表れるものや、
尋常性乾癬が進行して特殊な乾癬になってしまうものです。

膿疱性乾癬

通常の乾癬に加えて、皮膚に膿のかたまりが現れる病気です。
皮膚の免疫力なども下がり、かゆみだけでなく全身の症状が出てきます。
体力のない人は、間接的に命に危険が及ぶこともあります。
乾癬の中でも特定疾患に指定されている難病です。

関節症性乾癬

関節の変形や炎症を伴う乾癬です。
リウマチの症状が同時に表れる乾癬と言えば分かりやすいかもしれませんが、
病気そのものは乾癬なので、きっちり判別しなければなりません。

乾癬性紅皮症

乾癬の症状が全身に及び、皮膚のほとんどが紅斑を起こしてしまった状態です。
かゆみだけでなく、だるさや発熱も起こります。
薬物療法を長く継続している人や、急に薬物療法を中断した人などに見られます。